女性が理想の相手と出会えるプロフィールの書き方とは?マッチングアプリで効果的なアプローチの仕方

2020/03/15

104

自分の婚活敗戦歴を振り返り、「出会う男性の層を変えなければ!」と思った私。

でも、そんなに急に普段の行動範囲を変えられません。

そこで、低コストで多くの男性と出会えるマッチングアプリを使うことにしました。

アプリは20代の時にも使ったことがありました。

その時は「いいね」が欲しいあまり、自分の打ち出し方を「男ウケ」に寄せすぎてしまい、実際に会った後に「本当の自分を理解してもらうのに時間を要する」、あるいは、「本当の自分を知られたらフラれてしまう」という問題が発生してしまいました。

そこで私はあえて、「プロフィールに自分のキャラクター全部載せ」(←ラーメン屋を意識してみました)でいくことにしました。私が実際に掲載していたプロフィール文も含めて、作成までのプロセスをご紹介します

私がマッチングアプリに、あえて「超長文プロフィール」を載せたワケ



この記事への反応

マッチングアプリ経験者です。
マッチングしてから直ぐに会いたいか、メッセージを重ねてからかを自己紹介欄で表示するところがあり自分は相手のことを知ってから慎重に会いたいのでメッセージを重ねてを選んでいましたがメッセージのやり取りを何度かするとそのうちネタがなくなり自然消滅してしまうということに気付きましたしメッセージ内で会ったこともない人からその日の出来事の報告をされ“???”という感じがあったりしました。

文中の、人気のある女性のプロフィール、を読んだけど、ありがちで通り一遍な事しか書いてないからつまらないよね。でも、若くて写真が可愛いとそれもミステリアスに感じるから、結局は容姿とのトレードオフなんだろうね。筆者のようにざっくばらん感を出す人もいるけど、あまりに自虐的で痛々しかったり、直球勝負が出来なくなった老投手の変化球のような狡猾さを感じる時もある



私も「全部のせ」して成功しました。
海外移住後に現地でアプリ婚活をしたので対象はほとんど外国人だったのですが、恋愛事情はどこの国も変わらないと思います。

使ったアプリはTinderのように写真メインではなく、プロフィール欄が充実していて、
選択式の質問には宗教、倫理観、性の話などかなりたくさんありました。

「今まで付き合った全員に忠実でしたか?(浮気したことない?)」という質問には正直にNoと書きました。
今のパートナーははそれを見て「この子は正直でいいな」と思ったと話してくれました。

他の人がどのくらいじっくりと私のプロフィールを見たかはわかりませんが、短いプロフィールのときよりも真面目で誠実な男性からメッセージがくるようになりました。

自分と合わない人間と1000人会うより、自分を愛してくれるたった1人に出会えれば成功なわけですから。

-Life